アニメ 評価<RIDE BACK ~ライドバック~>

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人様の企画で評価に協力させていただきます。
評価方法は企画サイトのアニメ評価方法に基づいております。

<評価項目テンプレ>
ストーリー:2
【脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等】
ライドバックとの出会いで、再びダンサーを目指すのか? ライドバックのレースでチャンピオンになっていくのか? 掴みきれないストーリー展開であった。ヒロインの人生を変えていく出来事が急に起こりすぎて、テロとの戦いに巻き込まれていくものの、GGPと対決させられる設定が強引すぎて、ライドバックとの信頼関係を築く課程や操縦テクニックが上達していく様をもっと丁寧に描いて欲しかった。

キャラクター性:4
【キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等】
ライドバック部の面々が終盤になるにつれてオマケ的存在となってくのが哀れ。次回予告で存在感をアピールするだけとなってしまった。

画:3
【キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等】
ライドバックのメカデザインと動きをどこまでアニメーションにできるかであったが、尾形 琳の髪と服のなびきで派手な動きを表していた。

演出:4
【声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等】
ヒロイン役の水樹奈々さんは安定したヒロインぷりで問題なし。そこに渋キャラの小山力也が加わった事でアクションシーンに迫力が増した。

音楽:3
【OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等】
スピード感溢れる映像のOPとヒロインの心情を表したような穏やかなEDであった。

総合的な評価:3
【この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等】
ライドバックが世界を変革する……GGPの組織再編となっただけで、テログループの活動や政治や秩序の問題云々については、ヒロインと深く関る事無く再び学生生活に戻っている。
序盤のストーリーにはまっただけに、戦いに身をおくことになるヒロインの未来は受け入れがたいものがある。

合計:19

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック